雪あかりの路 2017
他所様のところで

春のおすそわけをいただいている 弥生月ですが

先月お邪魔した 小樽での雪時間を

遅まきながら 綴らせてくださいね。






こんにちは イヴまま♡です~






毎年 行っている 小樽雪あかりの路。

結婚記念日だった 2月8日に行ってきました。
2017ゆきあかり4



雪あかりの路の 名前の由来は

伊藤整 『雪明りの路』に ちなんだもの。
2017ゆきあかり



メイン会場の手宮線跡地。

昭和60年(1985)に廃線となっていますが

北海道で最初に 鉄道が開通した場所なのだそうです。
2017ゆきあかり18


線路が 残っていますよ。
2017ゆきあかり19


ハートのステージで 合唱しているような 雪玉ちゃんたち
2017ゆきあかり3


氷に封じ込められた 紅葉の美しいこと
2017雪あかり7


お空の星々が 雪の上に落ちてきたーー
2017ゆきあかり9


雪の中にゆらめく、温か色の ちいさな灯り。
2017ゆきあかり8



小樽運河でも

無数の灯りを 楽しむ方で あふれていました。
2017ゆきあかり11


足元の光は ほっとしますね。
2017ゆきあかり12



旧高橋倉庫 ステンドグラス美術館に寄ってみました。

19世紀から20世紀初めに イギリスで制作された

素晴らしいコレクションが 展示されています。

2階から撮影した写真ですが どれも見上げるほどの大きさです。
2017雪あかり14


実際に教会の窓を飾っていたものだそうです。
2017雪あかり13


原寸大の原画も 展示されている 静かな空間。
2017小樽雪あかり21


雪のワックスボールには 桜が咲いていました。
2017ゆきあかり15


艶やかでいて 楚々とした 雪あかりの路
2017ゆきあかり16


また 来年も ふたりで行けますように。
2017ゆきあかり17



浮き玉キャンドルあゝ 雪のあらしだ。
家々はその中に盲目になり 身を伏せて
埋もれてゐる。
この恐ろしい夜でも
そつと窓の雪を叩いて外を覗いてごらん。
あの吹雪が
木々に唸つて 狂つて
一しきり去つた後を
気づかれない様に覗いてごらん。
雪明りだよ。
案外に明るくて
もう道なんか無くなつてゐるが
しづかな青い雪明りだよ。

(伊藤整『雪明りの路』より「雪夜」)
2017ゆきあかり20


つたない記事に おつきあいいただき
ありがとうございました。

時間を割いて 書いてくださる 魔法の言葉に
いつも いつでも 力をいただいています。


心から 感謝をこめて


スポンサーサイト
[2017/03/09 16:22 ] | お気に入り | コメント(28) | トラックバック(0)
| ホーム |